NEWS DETAILSニュース詳細

ARCHIVE

2017年05月09日

米Amazon社の音声認識・入力技術であるAlexaと日本語で接続・連携する各種業界向け自社オリジナル Skill※の開発完了〜まずは 7 業界向けに提供開始〜

株式会社チェンジ

  株式会社チェンジは、IoT時代の音声インターフェースの事実上の標準になると予測されている、米国アマゾン・ドット・コム社のAlexaに対応したSkillの自社開発版が完了したため、2017年6月1日より、顧客向けのデモンストレーションを開始します。具体的には、以下の5つのSkillのデモを通じて、ユーザーからのフィードバックに基づく新機能の開発も同時並行で進めます。

  ※Skill:米国アマゾン・ドット・コム社のAlexaに対応したアプリ/プラットフォーム

 

1.スマートホームSkill:住宅業界/家電業界向け

  • ●音声で家電製品を制御するためのSkillです。例えば、就寝時にリモコンを探したりすることなく、「おやすみ」などの音声を発することで、照明やエアコンなどのOn/Offが可能になります。将来的には、各種データの蓄積により、住宅に住んでいる人に最適化された環境(温度・湿度・照明など)を自動で創り出すことができるようになります。

 

2.ニュースリーディングSkill:メディア業界向け

  • ●音声でニュースの記事を読み上げるためのSkillです。例えば、朝起きたときに、スマートフォンを参照することなく、各紙各サイトの主要ニュースを音声で聞くことができます。

 

3.英会話トレーニングSkill:教育業界向け

  • ●Alexaと会話しながら、英語を習得するためのSkillです。例えば、Alexaから発せられた例文をもとに、学習者とAlexaが
  • 英語のセンテンスのやり取りをし、Alexaによるフィードバックを通じて英語力を向上させます。

 

4.特売情報配信Skill:広告業界/小売業界向け

  • ●Alexaを通じて、自分の住んでいる地域のスーパーの特売情報を収集するSkillです。これによって、家庭の主婦が新聞の
  • 折り込みチラシを“読み込んで”収集していた特売情報を、家事をしながら“聞く”ことができます。

 

5.インターネットショッピングSkill:eC業界向け

  • ●Alexaを通じて、ネットショッピングを便利にするSkillです。例えば、水などの頻繁に購入する商品をAlexaに一言頼むだけで、発注することが可能になります。

 

 チェンジ社長の福留大士は、「スマートフォン時代のタッチインターフェースの次に到来するIoT時代の音声インターフェースは産声をあげたばかりの技術ですが、これから5-10年にわたって主流となることが予測されます。そのような環境の中、

Apple社からもWWDC2017において、Alexaへの対抗製品として“Siri Speaker”が発表になるのではないかという予想が一部報道から聞こえており、先行する米国では今年から来年にかけて主導権をめぐる競争が激化していくことが想定されます。我々が着目するのは、このような音声インターフェースによって収集するビッグデータであり、これらのデータの活用は、我々の生活や仕事のあり方に大きな変化をもたらします。今回のSkill開発を通じて、音声インターフェース時代におけるお客様のビジネスの変革に取り組みたいと考えております。」と述べております。

 

以下、当事業に当社が取り組む背景、市場環境に関する情報の補足です。(2017年3月6日PR情報より再掲)

 

 「Amazon Echo」(音声認識によるアシスタントデバイス)の出荷台数は2019年までに1億1300万台と予測(注1)されています。デバイス入力方法は、2010年前後からPC(キーボード)からタッチ(スマートフォン・タブレット)に移り、次の段階では音声入力になるという見方が大勢を占めています。Amazon Echoに搭載されている音声認識・入力技術が「Alexa」です。

Alexaは他社が提供する音声認識技術と比較して、スマートフォンではなく、家庭内などの空間に固定的に設置されて、様々なアシスタント機能を提供する点が特徴です。つまり、家庭内のIoT機器すべてを音声でコントロールしたり、搭載した車をコントロールすることを可能にする技術と位置付けられます。

 

注1)米国みずほ証券のアナリストNeil Doshi氏による予測

 

 Alexaに接続するアプリやプラットフォームは、Skill(スキル)と呼ばれ、開発者が自由に開発し、公開することができます。例えば、上述のAmazon Echoでは、音声によるAmazonへの注文が出来ますが、この文脈を解析するプログラムがSkillといえます。2017年2月には公開されているSkillの数は1万を超え、急速に拡大を遂げています。

 

※本リリースで使用しているAlexa、Amazon Echoなどの名称は米国Amazon.com Inc.の登録商標です。

 

 

■株式会社チェンジ:

http://www.change-jp.com/

本社:東京都港区 代表取締役:福留大士

 

 

 

本件の問い合わせ先:

株式会社チェンジ

東京都港区虎ノ門 3-17-1

Control & Management担当

メール:ir_info@change-jp.com