NEWS DETAILSニュース詳細

ARCHIVE

2017年06月12日

Amazon Alexaを用いたUX改善の共同研究を株式会社アプリックスと開始~音声インターフェースによるeC及びフリマ体験の変化を初期の重点研究テーマに~

株式会社チェンジ

  株式会社チェンジと株式会社アプリックス(本社:東京都新宿区、代表取締役:長橋賢吾)は、Amazon Alexaを用いることによって、UX(User Experience/ユーザーが製品・サービスを通じて得られる体験)をどの程度改善することができるかについて共同研究を開始します。具体的には、まず、音声による発注が可能となることにより、eC(eCommerce/電子商取引)及びフリマ体験がどのように変化するかについての研究を重点的に進めます。研究の成果を両社の事業展開に活かし、Amazon Alexaを用いた新たなビジネスモデルの構築を進めて参ります。
 
  当社では、本年の 1 月より技術検証を開始しており、先月には各種業界向け Alexaスキルの開発を完了し、日本市場での展開を開始しております。これまでの展開を通じて、当社では音声インターフェースは既存のスマートフォンで実現できなかったユーザーの「快適さ・心地よさ」を実現できることから、あらゆるインターネット利用環境を変化させると確信しております。
 
  一方、アプリックスは、本年2月に米国  Guardian Technologies LLC 製の空気清浄機を音声で操作するためのAlexaスキル「Guardian Technologies」の提供を開始するなど、当社と並び、国内でも最速で Alexa 関連技術の実装を進めている企業です。また、先日、「Alexa」を利用する家電メーカー向けのトータル IoT(Internet of Things)ソリューションを発売するなど、積極的にAIスピーカー市場を開拓しております。
 
日本市場において、Amazon Alexaの技術に関するリーディングカンパニーである両社が相互の強みを持ち寄って共同研究を実施することによって、国内の AI スピーカー市場の将来ビジョンを描いていきたいと考えております。
 
チェンジ社長の福留大士は、「アプリックス社とは、東京メトロ様向けに iBeaconを活用したプロジェクトを共同で推進するなど、以前より新技術のユースケース開発をご一緒させて頂いておりました。今回、Amazon Alexaについても共同研究を進めることによって、お互いの事業の発展にメリットのある斬新なビジネスを創造していきたいと思います。特に、現在、PCやスマートフォン経由で、極めて面倒な画面遷移を要求され、時間も手間もかかる eコマースやフリマの体験を激変させることを狙った取り組みや IoT 家電から取得したビッグデータの活用などの取り組みに力点を置く予定です。」と述べております。

 

 

■株式会社アプリックス:
http://www.aplix.co.jp/
本社:東京都新宿区、代表取締役:長橋賢吾
株式会社アプリックスは、デバイス・アプリ・クラウドを一体で提供する IoT ソリューションプロバイダーです。
 
 
■株式会社チェンジ:
http://www.change-jp.com/
本社:東京都港区  代表取締役:福留大士
株式会社チェンジは、モビリティ AI、IoT ビッグデータ、クラウド、セキュリティ、ロボティクスなどのテクノロジーを活用したサービス及び IT 人材育成サービスを『NEW-IT トランスフォーメーション事業』として展開しております。
 

 

 

 

 

本件の問い合わせ先:
株式会社チェンジ
東京都港区虎ノ門  3-17-1
Control & Management 担当
メール:ir_info@change-jp.com